メンバーの本音#2 佐々木 達生
個人のパフォーマンスを最大限に発揮できる環境で挑戦!

2024.03.04

2021年8月に入社した、サーバーサイドエンジニアの佐々木達生。銀行員として営業職や社内SEの経験を経て感じたことは「エンジニアの仕事を通じて社会の仕組みづくりに携わっていけるような環境に身を置きたい」でした。

<地方銀行員のキャリアチェンジ>新たなステージで新たな挑戦

ーー今までやってきたことを教えてください。
新卒で地方銀行に入行し、営業を1年間担当した後、システム開発部に出向し、ネクスキャットに転職するまで、社内SEとして働いていました。

営業店では、窓口で営業活動をしつつ、相続手続や後方事務を担当しました。現金管理、顧客取引に係る書面手続き、銀行内部の事務手続き等、小さなミスが大きな事故に繋がる業務が多いので、資料のチェックで細かい部分を気にするようになりました(笑)。また、営業目標の達成に向けて行動していく中で、お客様との関係構築力やサービス提案力を磨いていくことができ、今では自分の資産になったと実感しています。

その後、漠然と興味を持っていたIT関連業務に携わりたいと考えていたので、異動希望を提出し、システム開発部へと出向しました。そこでは、預金業務や融資業務のシステム開発、インターネットバンキングサービス・アプリバンキングサービスを担当しました。営業店で実際に経験した業務の裏側を知る機会は中々ないので良い経験になりました。


ーー転職を考えた経緯を教えてください。
自らサービスを構築できる開発スキルと構築したサービスを提案できる営業力を備えたエンジニアとして成長していきたいと思ったからです。

学生時代は、漠然とIT業種に興味を持ちつつも、理系出身ではないことから、システム分野を含めた様々な職種に挑戦出来る銀行をファーストキャリアにしました。ただ、希望通りの部署に配属していただけたものの、ベンダーコントロールや開発に係る事務作業が多く、自分が理想とするエンジニアとしてのスキルを身に付けることは業務形態上難しいと思いました。

また、技術革新が急速に進んでいく中、これからも自分がレガシーシステムに携わっていく状況に焦りや不安も感じていました。そのため銀行組織の中で社内SEを続けていくのではなく、社会の仕組みづくりを行うサービスを自ら提供するエンジニアとして成長していくため、転職へと踏み切りました。


ーー転職活動で重視したことはありますか?
これまでの開発経験と営業経験を活かして働いていける環境であることを前提に、エンジニアの仕事を通じて社会の仕組みづくりに携わっていけるような環境に身を置きたいと思いました

これまでレガシーシステムに携わってきたので、開発スキルとしては不安な点が多かったのですが、新しい技術を身に付けていき、成長していきたい思いをネクスキャットはしっかり受け止めてくれた印象が強かったです。また、ネクスキャットの経営理念である「幸せに働く。そしてみんなをずっと幸せにする。」という考え方を源泉にして、一緒に組織や社会を盛り上げていけるワクワク感も魅力的でした。

十人十色の働き方 ~個人の幸せを追求~

ーー入社を決断した理由を教えてください。
ネクスキャットに入社を決めた理由は「十人十色の働き方を尊重する組織だからこそ個人の幸せを実現するためのサービスを追求していける」と思ったからです。私の場合、「仕事=幸せを実現するためのツール」という考えをもっており、エンジニアとしての仕事を通じて社会の仕組みづくりを行っていきたいと考えていました。また、これまで同質性の高い職場で働いてきたこともあり、同様の企業文化をもつ組織では自分が理想とする働き方が難しいとも感じていました。

そんな中、ネクスキャットの面接の中で、「多様な価値観を認め合い個人のパフォーマンスを最大限に発揮させていく組織づくりを実践している。」という話をお聞きしました。実際にお会いする社員の方々も共通のマインドをもって仕事をしていることから、オープネスで多様な価値観を受け入れるネクスキャットは、今後も面白い組織に成長し続けていくと確信しました。また、多様な価値観をもつ組織だからこそ、多角的に物事を捉えて、個人の幸せを追求する新サービスを生み出していける環境であると感じています。


ーー入社を迷ったところはありますか?
入社への迷いはありませんでした。ただ、銀行員から不動産領域のエンジニアへの転職ということもあり、不安はありました。特にスキル面で経験はあったとしても、銀行の社内SEとしてレガシーシステムに携わってきた経験でしたので、転職する際に経験してきたスキルが通用しないことは覚悟していました。だからこそ、エンジニアとしてのキャリアを積んでいくために、一早く行動に移す必要があると考えていました。

こういったスキル面での不安は面接の中でお話をさせていただき、解消することができました。ネクスキャットは、面接中の質問対応や面接に至るまでの過程のやり取り等でも、不安に思うことや疑問に感じたことに対して迅速かつ丁寧に対応していただけたこと、面接を受ける方の目線に立って話を聞いていただけたことが印象的でした。このようなメールでのやり取りや心配りから、ネクスキャットが安心して働いていける企業であると感じました。

個の尊重

ーーネクスキャットの印象を教えてください。
「幸せに働く」ことを背景に個を尊重していただける印象
です。ネクスキャットの面接の中で、「働き方として東京ではなく他の地域からフルリモートで働くことは可能ですか?」という質問をした際、組織として認める回答をいただきました。今後、個人のライフスタイルやライフイベントに沿った人生設計を考えていくうえで、会社として柔軟に対応する姿勢を示していただけたことに安心感がありました。

ームの成長×個人の大きな成長

ーー入社してからやっていきたいこと、意気込みをお願いします。
入社後は、開発スキルを磨きつつ、積極的に仕事をこなしていき、チームの中で自分が出来ることを増やしていきたいです。また、若くスピード感のあるチームの中で、タスク管理を徹底し、迅速かつ丁寧な対応を行い、信頼されるエンジニアとして一歩一歩成長していければと思います。

経営理念である「幸せに働く。そしてみんなをずっと幸せにする。」を胸に、働く人の未来と幸福な社会の在り方を常に考え、これから社会の仕組みづくりに挑戦していきたいです。